The momentum by PORSCHE
ザ・モメンタム・バイ・ポルシェ

世界初ポルシェ公認のガストロノミーレストラン

 

2022年のリニューアルで「タンタローバ」林祐司氏がシェフに就任

世界初のポルシェ公認レストランが汐留にある「ザ・モメンタム・バイ・ポルシェ」だ。隣接するポルシェのショールームにはさまざまなポルシェグッズはもちろんのこと実車も展示されている。2022年同店のリニューアルオープンに際し新しく総料理長に就任したのは林祐司氏。

ピエモンテ州を中心にイタリアで修行し、帰国後は文京区茗荷谷「タンタローバ」料理長に就任。現在は東京を代表するイタリアの家庭料理=クチーナ・カサリンガとして有名になったのもひとえに林シェフの功績だ。これまでは伝統的イタリア料理の第一人者として知られてきた林シェフだが、「ザ・モメンタム・バイ・ポルシェ」ではポルシェの世界観にあわせたガストロノミー・メニューを提案している。

それはポルシェの車作り同様、妥協のない料理の追求であり、11品からなる「メニュー・スペチャーレ」を通じて表現される。イタリア料理の世界では伝統=基本を知らずして革新=イノベーティブはない、と常々いわれているが「ザ・モメンタム・バイ・ポルシェ」での林シェフの仕事ぶりはまさにその金科玉条を実践している代表例となるはずだ。


chef profile

林 祐司
YUJI HAYASHI

「タンタローバ」「ザ・モメンタム・バイ・ポルシェ」総料理長。日本イタリア料理協会会員。大阪のレストランで勤務後、本場イタリアの郷土料理を学ぶべく渡伊。ピエモンテ州を中心に研鑽。 帰国後は東京へ舞台を移し 数店の料理長を経て 文京区播磨坂で23年続く老舗イタリア郷土料理店「タンタローバ」料理長へ。在日イタリア商工会議所やイタリア料理アカデミーより本物のイタリア料理提供する店として認定される。2020年より同グループ汐留にある世界初ポルシェ公認のレストラン「ザ・モメンタム・バイ・ポルシェ」の総料理長を兼任。 2店舗にてイタリア郷土料理をトラットリアとリストランテの仕立てで表現する。

 

「パスタ未来形」 by シェフ

イタリア料理の根幹はマンマの料理であり 古くから伝わるイタリア郷土料理をベースに 今の時代にあう古くて新しい味を提供できれば。


ITALIAN WEEK 100特別コース

ランチ・ディナーコース共に 8,800円

(1名料金/税・サービス料込)


【コース内容】

※写真は料理イメージです。

予約受付開始:
2023年10月1日()10:00〜

※上記の電話予約ボタンをPC閲覧の方は、下記INFORMATION内の電話番号へ予約お問合せください。

IW100 SATELITE ラザニアウイーク参加レストラン】
バリラ×IW100 ラザニアウイーク開催概要

毎年7月29日はNational Lasagna Day(国際ラザニアデー)。これに合わせてIW100に参加する10軒のシェフが、ラザニアウイークのために創作したラザニアを披露します。以下の期間限定で、各店で創作ラザニアがメニューに登場!

2023年8月12日~8月18日  
ザ・モメンタム・バイ・ポルシェ 林祐司シェフ考案
「ゴルゴンゾーラチーズのラザーニャ」

林祐司シェフがピエモンテでの修行時代にインスピレーションを得たのが「ゴルゴンゾーラチーズのラザーニャ」だ。津軽鶏を細かく刻んでキノコ、熊本のみかんのシロップ煮とともにラグーソースにし、ジャガイモ、ゴルゴンゾーラなど4種のチーズ(クアットロ・フォルマッジ)を使ってオーブン焼き。「当時ピエモンテで肉や手打ちパスタの残りをオーブン焼きにして賄いでよく食べていました」と林シェフ。残った材料を無駄にしないイタリアの伝統「クチーナ・ポーヴェラ」精神が表れた逸品だ。


INFORMATION

東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター1F[google MAP🔗]
Tel:03-6280-6785
営業時間:
ランチ 11:30~15:00(13:30L.O.)
ディナー 18:00~22:30(20:00L.O.)(+10%サービス料)
定休日:月曜日、不定休あり
公式WEB